不動産の売却での扶養者控除について

不動産の売却での扶養者控除 通常、不動産は世帯主を名義人として取得し、売却すると世帯主の所得となりますが、相続によって不動産を取得する場合などのように、世帯主以外の構成員が土地や建物を取得するケースも考えられます。もし、被扶養者が取得した土地や建物を売却する場合は、扶養者控除が適用できなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。
不動産の売却によって扶養から外れてしまうかどうかは、扶養控除の適用要件の一つである「1年間に得た所得の合計が38万円以下であることかどうか」で決まります。
そして、これを判断するためには不動産を売却した扶養親族の所得を計算しなければなりません。土地や建物を売却したことによって生じる所得は、売却益と、固定資産税および都市計画税の精算金の合計金額から、売却する際に出費した費用と、物件の取得にかかった費用を差し引くと計算することができ、これが基準を上回っていた場合は納税者の所得から扶養控除額を差し引くことができなくなります。

不動産関連の税については扶養者などのことも考えて!

不動産関連の税については扶養者などのことも考えて! 不動産については、取得、売却、所有すべてにおいて税が絡んできますが、場合によっては納税義務者の配偶者や扶養に入っている人のことも考慮に入れなければなりません。
例えば、配偶者が亡くなった父親から相続によって取得した住居を売却する場合、そのとき得た所得が38万円を超えると配偶者控除の対象から外れてしまいます。それでも、所得が76万円より少なければ配偶者特別控除を適用できますが、納税義務者の所得から控除できる金額は少なくなってしまいます。扶養控除も同様で、不動産の売却によって所得が38万円を超えてしまうと、その人は扶養親族の対象から外れてしまいます。
配偶者や扶養親族のことを考えなければならないのは、不動産を活用している場合も同様です。不動産の所有者の中には、駐車場や賃貸など、土地や建物を活用している人が少なくありませんが、それによって得た収入から必要経費を差し引いた金額を所得として計上しなければなりません。もし、この所得が一定以上になっていれば、配偶者や扶養親族は控除の対象外になってしまいます。
このように、配偶者や扶養親族に所得が生じると、世帯主の所得控除に影響がでることがあるので、土地や建物はよく考えて活用や売却をすすめましょう。

新着情報

◎2018/5/8

不動産の売却に伴う各種税金
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

インカムゲインを手に入れよう
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

遺産相続時に揉め事が起きる理由
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

不動産の売却での扶養者控除
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

年末調整での確定申告
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 控除」
に関連するツイート
Twitter

✨夫婦でマイホーム購入なら名義は共同にすべし✨ 不動産の名義は、負担金額の割合で共有名義にすべし。片方だけの名義にすると、贈与税がかかる。 また、それぞれがローンを返済することで、それぞれが住宅ローン控除をとることもできる。 まさに、Win Winですね❣️

Twitter税金で得する㊙豆知識@LoveTax1990

返信 リツイート 10:11

リーマン生活を向上させるために実施すべきこと。 ①本業収入のアップ(まずはここを頑張って市場価値を上げる) ②節約(生活水準を上げない努力) ③節税(ideco、控除制度の活用) ④貯蓄(生活防衛資金の確保) ⑤投資(株や不動産) ⑥複業(労働集約でないもの)

【中野区 不動産】毎年めまぐるしく変わる住宅にまつわる税制も、是非お問い合わせ下さい。相続税対策、贈与税対策、住宅ローン控除、買い替え特約等々・・・損しない不動産売買をご提案致します!不動産のことなら中野不動産~フェイス住販へお気軽にお問い合わせ下さい!

bot「いや、保険契約しているんだよね」 P「え、どこですか?」 bot「G」 P「え?」 bot「貴社のグループの」 P「他には運用されてますか?」 bot「外貨建て保険、不動産投資(マンション・更地)、海外株式、VC投資etc」 P「外貨建て保険をもういっちょ!」 bot「個人年金保険の控除が使えるなら」

【中野区 不動産】毎年めまぐるしく変わる住宅にまつわる税制も、是非お問い合わせ下さい。相続税対策、贈与税対策、住宅ローン控除、買い替え特約等々・・・損しない不動産売買をご提案致します!不動産のことなら中野不動産~フェイス住販へお気軽にお問い合わせ下さい!

母の税金の話 おじにどういうことかきいてから、区の担当に電話してきいた 今回は、わたしがきいた 寡夫控除が変わった 平成30年の不動産所得が増えていた 確定申告の結果差額を納付することになった ことし2019年の10月からは年金から天引きシステムになるが、まだ稼働していないので納付書で納付

Twitter俺はペンギンをやめたぞジョジョーっ!@namaurako

返信 リツイート 昨日 11:05

返信先:@cryptopayments3 資格持ってて営業してないんですが、不動産所得はあって全然事業的規模じゃないんですけど、青色の60万控除のために、開業届をだしてるし、資格の維持費を営業損失に計上して節税してるんで、会社にどう言えば理解してくれるかと思案中です。

返信先:@FXfxFXfx1313 いえいえ!まぁタイミングもありますからね!きっとその不動産の営業マン理解されてないんじゃあないですかね。。 事業的規模は5棟10室以上なので青色申告で10万から65万に控除額が増えるだけなんですよね!

不動産投資の豆知識】 事業的規模にはならない場合は青色申告のメリットはない? →事業的規模に満たない場合でも、青色申告で年10万円の特別控除および個人3年、法人9年間、欠損金の繰延ができるメリットあり😊

Twitterイルカ🐬元国家公務員〜プロ行動力〜@w_umibuta

返信 リツイート 昨日 8:02

【贈与税の配偶者控除】基礎控除(110万円)とは別に2,000万円まで。 要件①婚姻期間が20年以上②居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭の贈与であること③贈与を受けた年の翌年3月15日までに居住を開始し、その後も引き続き居住する見込みであること