不動産の売却での扶養者控除について

不動産の売却での扶養者控除 通常、不動産は世帯主を名義人として取得し、売却すると世帯主の所得となりますが、相続によって不動産を取得する場合などのように、世帯主以外の構成員が土地や建物を取得するケースも考えられます。もし、被扶養者が取得した土地や建物を売却する場合は、扶養者控除が適用できなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。
不動産の売却によって扶養から外れてしまうかどうかは、扶養控除の適用要件の一つである「1年間に得た所得の合計が38万円以下であることかどうか」で決まります。
そして、これを判断するためには不動産を売却した扶養親族の所得を計算しなければなりません。土地や建物を売却したことによって生じる所得は、売却益と、固定資産税および都市計画税の精算金の合計金額から、売却する際に出費した費用と、物件の取得にかかった費用を差し引くと計算することができ、これが基準を上回っていた場合は納税者の所得から扶養控除額を差し引くことができなくなります。

不動産関連の税については扶養者などのことも考えて!

不動産関連の税については扶養者などのことも考えて! 不動産については、取得、売却、所有すべてにおいて税が絡んできますが、場合によっては納税義務者の配偶者や扶養に入っている人のことも考慮に入れなければなりません。
例えば、配偶者が亡くなった父親から相続によって取得した住居を売却する場合、そのとき得た所得が38万円を超えると配偶者控除の対象から外れてしまいます。それでも、所得が76万円より少なければ配偶者特別控除を適用できますが、納税義務者の所得から控除できる金額は少なくなってしまいます。扶養控除も同様で、不動産の売却によって所得が38万円を超えてしまうと、その人は扶養親族の対象から外れてしまいます。
配偶者や扶養親族のことを考えなければならないのは、不動産を活用している場合も同様です。不動産の所有者の中には、駐車場や賃貸など、土地や建物を活用している人が少なくありませんが、それによって得た収入から必要経費を差し引いた金額を所得として計上しなければなりません。もし、この所得が一定以上になっていれば、配偶者や扶養親族は控除の対象外になってしまいます。
このように、配偶者や扶養親族に所得が生じると、世帯主の所得控除に影響がでることがあるので、土地や建物はよく考えて活用や売却をすすめましょう。

新着情報

◎2018/5/8

不動産の売却に伴う各種税金
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

インカムゲインを手に入れよう
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

遺産相続時に揉め事が起きる理由
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

不動産の売却での扶養者控除
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

年末調整での確定申告
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 控除」
に関連するツイート
Twitter

✨夫婦でマイホーム購入なら名義は共同にすべし✨ 不動産の名義は、負担金額の割合で共有名義にすべし。片方だけの名義にすると、贈与税がかかる。 また、それぞれがローンを返済することで、それぞれが住宅ローン控除をとることもできる。 まさに、Win Winですね❣️

Twitter税金で得する㊙豆知識@LoveTax1990

返信 リツイート 13:11

ポッポが自分で政治団体を作るメリットはいくつもありそう。 庶民には想像できない資産(現金・不動産など)を持つポッポ家。相続税も莫大。 政治団体なら税制優遇。 自分の政治団体に資産を寄付すれば本人も税額控除。ポッポ家の一人が団体を引き継げば実質資産は残る。 法人に相続税はないし。

TwitterDeanHS日本に投資しよう@DeanHideo

返信 リツイート 12:05

#税金の話 住宅ローンの返済中は、所得税を最大40万円控除することが可能なんです。確定申告は忘れずにやりましょう。#不動産 #確定申告 #住宅ローン #山形 #マイホーム akebonof.com/info/%e4%bd%8f…

Twitter曙不動産@山形不動産買取@akebonofudosan

返信 リツイート 8:17

【中野区 不動産】毎年めまぐるしく変わる住宅にまつわる税制も、是非お問い合わせ下さい。相続税対策、贈与税対策、住宅ローン控除、買い替え特約等々・・・損しない不動産売買をご提案致します!不動産のことなら中野不動産~フェイス住販へお気軽にお問い合わせ下さい!

入居者付き中古不動産の仕入れ税額控除は共通対応、との地裁判決の記事がありましたが、過去の照会事例等からすると少し違和感はあるものの、方向性としてはこちらに進んでいくんですかね。 どちらにせよ、不動産業のお客さんの消費税は慎重に対応する必要がありそうです。 #税務通信

Twitter加藤博己@税理士・FP in 京都@katoh_tax

返信 リツイート 昨日 22:13

居住用財産の買換え・交換特例 所得税の課税に当たって、不動産の譲渡によって生じた譲渡損失に、損失発生以降の複数年所得控除できる制度。所得金額の計算は各年ごとに独立で行なうという例外。当該年度における損益通算後の損失額を翌年以 #不動産 #物件 #投資

Twitter賃貸コンサルK@不動産は経営だ@K_fudosan

返信 リツイート 昨日 21:46

小柳津さんはRTAだけじゃないんや…不動産売却時の税金控除とか初めて知ったわ

Twitterカズキ@押田撲滅委員会会長@cucumbergod

返信 リツイート 昨日 18:31

これ共通仕入処理対応が強制ということになれば不動産価格にも影響出るのかしら。。仕入税額控除が全額認められないんだからその分価格下げてよみたいな。。

返信先:@M_SAMO_M他1人 不動産物相続は 不動産物に対する残存価値を相続するものから 3,000万控除されて残りに対して残額毎に税率があるのよ これにまた特例があって不動産物を賃貸し課しているのならばまた税率が減るかたちになるから まじで専門の人いれてしっかりしておかないと危険そうね 公正証書の遺言あればまた変わる

Twittermayonekoฅ^•ω•^ฅニャー@wot_mayoneko

返信 リツイート 昨日 15:46

基礎控除額は、2017年までは一律に年38万円(住民税は33万円)であったが、2018年以降は、合計所得金額が2,400万円までは48万円(住民税は43万円)、これを超えると段階的に縮小して合計所得金額が2,500万円を超え #不動産 #物件 #投資

Twitter賃貸コンサルK@不動産は経営だ@K_fudosan

返信 リツイート 昨日 13:46